探偵事務所・興信所に不満を持ったらどうすればよいか?

探偵事務所・興信所に対して依頼者であるあなたの感じた不満がどのようなものかによって、対応が変わります。

まず、比較的小さな不満と言える場合。

探偵や相談担当者の態度が悪かった、こちらの問い合わせに対して回答が得られなかったなどの、事務的な問題への対処はその探偵事務所のお客様窓口、あるいはその本社や上位組織の苦情受付部門まで、素直に疑問を投げかけるべきです。たまたま担当した人の態度に問題があったのかも知れませんし、お互いに小さな誤解が積み重なってしまったのかも知れませんから。ある程度の規模のまっとうな探偵事務所であれば、これでけっこう解決することが多いようです。

次に、依頼した調査の内容に不満や疑問がある、見積もりにない金額を請求された、成功報酬のはずなのに失敗してもほとんど返金がなかった、などの少々やっかいな問題の場合です。

もちろん、最初は小さな不満と同様にお客様窓口に問い合わせを入れます。しかし案外こういう問題を引き起こすのは、事務所が一つしかなかったり、問題のあった探偵と事務員しかいないような小規模の探偵事務所が多いという所に難しい点があります。となると、同じ会社の別の人間の力を借りるという手法が使えませんので、外部の力に頼るほかなくなります。

探偵業界には、同業者が加盟する上位協会組織がいくつかあります。不満のある探偵事務所がどこの協会に属しているかわかれば、そこに問い合わせるという手が使えます。ただし統一された全国的な組織はなく、いくつかに分裂しているようです。中には「協会」を名乗りつつも単なる仕事斡旋団体だったりするパターンもあるようなので、少し注意が必要かも知れません。

そうした場合は、消費者センターに相談するという方法も使えます。もし同様の苦情が多数寄せられているような探偵事務所であったら、行政の指導が入りますし、そうでなくても一般的な商慣習に照らし合わせて、ある程度有益なアドバイスが貰える可能性があると思います。

そしてもし、探偵の調査結果がまったく信用できない、どうにも嘘くさい、あるいは調査方法に公序良俗に反するような行いや、ずばり違法行為があったような疑いがある場合、これはもう警察に相談するしかありません。

調査がいい加減、もしくはまったく偽造されたもの立ったりした場合は詐欺事件になります。もちろん、違法行為があればなんらかの刑事事件となる可能性がありますし、下手をすると依頼者にもとばっちりがこないとも限りません。

このように、お客様窓口に訴えて解決するような小さな問題以外は、発生してしまうと依頼者個人がどうにかして解決するということがかなり難しいということが多いのです。

であれば、最初からこうした問題が起こらなそうな探偵事務所に依頼するしかありません。それにはやはり全国規模で展開している大手探偵事務所が安心、ということになるでしょうか。

さらには、探偵料はある程度高額となることが多いですし、大手といえどもそれぞれ得意分野がありますから、複数見積もりを取ってじっくりと選ぶべきです。もし迷っているならば、とりあえず「原一探偵事務所」や「MR探偵事務所」などのメジャーな所に相談してみて、大手探偵事務所とはどのような感じなのか、つかんでみると良いと思います。とにかく、大きな探偵事務所の見積もりを複数取ることをおすすめします。

興信所についての詳しい情報はこちらウィキにも定義がかかれています。