探偵事務所や興信所の専門カウンセラーが持つ存在意義とは

私たちが探偵事務所や興信所に何かを依頼する場合とは、果たしてどのようなときでしょうか。

まず最初に思い浮かぶのが、浮気調査かもしれません。あるきっかけから、信頼していたはずのパートナーの様子が少しおかしいといった、ふとした気づきからこれは始まります。やがて疑いは次第に濃くなっていき、心のわだかまりのようなものもゆっくりと溜まっていきますが、どうにも浮気の確証は掴めない。問いつめて万が一間違いだったら、これまでの関係が台無しになる可能性もありますし、そもそもシラを切られれば証拠がない以上こちらの打つ手がなくなります。そこでプロの探偵に調べてもらおうとなるわけですね。

また人探しなどの場合にも、さまざまな事情があるでしょう。それは今は所在不明の肉親に対する親愛の情からであるかもしれませんし、お金を貸しているのに行方不明になったなどという切羽詰った状況かもしれません。子息が急に結婚すると言い出して、その相手がまった知らない人だった場合に、急いでその人となりを調べたいなどという場合も、なかなか余裕のない状態です。

どのような場合においても、私たちが探偵に何かを頼むと言うときには、かなりの非常事態であることが多いと思われます。そしてそのような場合、私たちの心には大きなストレスがかかり、いわゆる心労というものが蓄積されていきます。

これが探偵によるなにがしらの調査で望むような結果が出て、問題がそのまま解決すれば結果オーライとなります。ですが望んだような調査結果が出なかった場合や、その調査結果により問題が更に大きくなってしまうような場合、依頼者の抱えるストレスは解消されるどころか、更に悪化してしまうわけです。たとえば浮気調査で浮気の確証が得られた場合、相手を問い詰めて謝罪させて終わりならばまたいいのですが、最悪離婚ということになったのならば、その心理的ストレスは最大のものとなるでしょう。依頼者はとにかく何かしらの問題を解決したくて、その方法の一つとして探偵を雇うのですから、真実がわかったからそこで終わりというわけではないのが普通なのですね。そこで悩みを相談できる専門のカウンセラーの存在が、非常に大きな意味を持つのです。

逆に言えば探偵業も調査して結果を報告すれば終わり、という時代ではなくなりつつあるということもいえます、例えば全国規模の大手探偵事務所などでは専門のカウンセラーを設置する所も増えてきました。中には最初の相談の時からカウンセリング技術を学んだ担当者が付き、調査終了後もフォローしてくれるような体制をとっている会社もあります。

有名どころでは、原一探偵事務所やMR探偵事務所がそうですね。このあたりは調査能力ですでに高評価を得ている大手探偵事務所ですが、実は事前相談から事後のフォローまで、顧客サービスにも大いに力が入っているのです。もし依頼内容がただ単に事実を知りたいというだけでなく、抱えた問題を解決したいということであるのならば、こうした探偵事務所に相談してみることをおすすめします。